スポンサードリンク

コエンザイムQ10と歯周病

コエンザイムQ10(CoQ10)が歯周病に効果があるとされています。コエンザイムQ10(CoQ10)は人間の体内の全ての細胞に存在しますが、特に多いのは心臓で、その他には、脳、腎臓、肺、膵臓、免疫系、そして歯周組織などに多く存在しています。



コエンザイムQ10(CoQ10)が心臓で不足すると、心臓で充分なエネルギーを得ることが出来なくなり、心臓のポンプ機能を低下させてしまうことで、血液の循環が悪化します。その結果、慢性的な足のむくみや低血圧、心疾患の悪化など、様々な不調や疾病を引き起こすと考えられています。



したがって、歯周病は、コエンザイムQ10(CoQ10)が歯周組織で不足するのが原因のひとつと考えることができます。コエンザイムQ10(CoQ10)には強い抗酸化作用があります。その抗酸化作用が活性酸素を抑制し炎症を抑える効果をもたらし、免疫細胞や白血球の作用を高める働きをするなどによって、歯肉を丈夫にしていると考えられます。



実際に、歯周病で悩んでいるヒトでは、歯周組織においてコエンザイムQ10(CoQ10)が減少していることが知られています。歯周病のヒトに対して、1日にコエンザイムQ10(CoQ10)を100mg、2-8ヶ月間投与したところ、免疫機能が改善したという報告があります。



歯周病は、完治しづらいところがあります。歯周病対策に丁寧なハミガキなどとともに、コエンザイムQ10(CoQ10)の服用をするのもおススメといえそうです。

コエンザイムQ10 サプリ 最新一覧 By 楽天



コエンザイムQ10と美肌 / コエンザイムQ10と美容効果 / CoQ10とドーピング / CoQ10とダイエット / コエンザイムQ10と歯周病 / コエンザイムQ10と風邪 / コエンザイムQ10と低血圧 / CoQ10と抗酸化作用 / コエンザイムQ10の必要性

スポンサードリンク













×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。