スポンサードリンク

コエンザイムQ10の必要性

コエンザイムQ10(CoQ10)は、体内で合成することが出来ることなどからビタミンではありませんが、ビタミンと同じような働きをすることで、脂溶性のビタミン様物質といわれ、ビタミンQとも呼ばれています。



コエンザイムQ10(CoQ10)は、細胞のミトコンドリアがブドウ糖や遊離脂肪酸と酸素からクエン酸(クレーブス回路)サイクルなどによってATP(アデノシン3リン酸)という生命活動のエネルギー源をつくりだす工程で働きます。



コエンザイムQ10(CoQ10)が不足すると、必要なATP(アデノシン3リン酸)をスムーズにつくることができなくなることから細胞がエネルギー不足になり、充分な活動ができなくなってしまうのです。 例えば心臓では、コエンザイムQ10(CoQ10)が不足するとATP(アデノシン3リン酸)が十分に作られないため、心筋の働きが低下し、息切れや動悸などの症状が現れます。



コエンザイムQ10(CoQ10)は、体内で合成することが出来るんですが、その生産力は加齢とともに衰えていくことがわかっています。また年を取ると、健康上の問題が増加するため、より多くのコエンザイムQ10(CoQ10)が必要になると考えられています。



こうしたことから、高齢者はコエンザイムQ10(CoQ10)の欠乏を招きやすい状態にあるとされ、40歳頃からコエンザイムQ10(CoQ10)の体内での絶対量の不足が進むと考えられています。

コエンザイムQ10 サプリ 最新一覧 By 楽天



コエンザイムQ10と美肌 / コエンザイムQ10と美容効果 / CoQ10とドーピング / CoQ10とダイエット / コエンザイムQ10と歯周病 / コエンザイムQ10と風邪 / コエンザイムQ10と低血圧 / CoQ10と抗酸化作用 / コエンザイムQ10の必要性

スポンサードリンク













×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。